治療法

双極性障害は、決して治らない病気ではありません。
早期発見と、適切な治療によって治療することが可能です。

その治療法としては、大きくわけて2種類あります。
それは、「薬物療法」と「精神療法」です。

まず、薬餌療法についてですが、治療に用いる薬にもさまざまな種類があります。
例えば、気分安定薬、抗精神病薬、抗うつ薬、睡眠薬などが挙げられます。
基本的には、気分安定薬を用い、個々の症状に見合わせて抗精神病薬、抗うつ薬、睡眠薬などを組み合わせて服用します。
注意点としては、双極性障害は再発の可能性が高いため、症状が回復したからといって独自の判断で薬の量や回数を変えてはいけないということです。

次に精神療法についてですが、これは心理教育、認知行動療法、対人関係療法、社会リズム療法と言った治療法があります。
それぞれに見合った治療方法がありますので、担当医としっかりと相談した上で治療法を決めるのが良いです。

また、上記のほかにも、電気けいれん療法と呼ばれる治療法も存在します。